[4歳の歯科矯正]反対咬合(受け口)がムーシールド矯正で良くなりました!7ヶ月の治療の記録

Bluebird Story 反対咬合 ムーシールド矯正育児日記-ヒナ

4歳の娘が受け口、反対咬合で、ムーシールド矯正をしました。

結果、治ったので、矯正治療の経過を記録しておこうと思います。

これからムーシールド矯正を考えられている方の参考になったら嬉しいです。

Sponsored Link

4歳ムーシールド矯正治療の記録

通院開始

4歳娘が幼稚園の健康診断があって、後日「反対咬合」なので歯医者さんに行ってください、というお手紙が来ました。

Bluebird Story 反対咬合ムーシールド矯正

その後小児歯科に力を入れている歯医者さんに行って話を聞いてきました。

・口呼吸だと反対咬合になりやすい。

・口呼吸の子は唇が富士山のような形になる。下唇はびろんと出てる感じに。

・口呼吸だと口臭が強い。

・口呼吸は風邪を引きやすい。

など教えてもらいました。

娘、まさにそんな感じ!唇の形が富士山型▽

Bluebird Story 反対咬合 ムーシールド矯正

口呼吸を鼻呼吸に変えながら、ムーシールドというマウスピースで矯正していくことになりました。

ムーシールド矯正は、マウスピース代含めて88,000円でした。

都度の通院は3,300円。

上の歯が前に出てきて、プリンセスみたいに可愛くなったらディズニーランド行こうね、という約束をして、モチベーションをあげました。

ムーシールド矯正開始+あいうべ体操

ムーシールドは透明のマウスピースで、上だけにつけます。

けっこう大きいので、最初の頃はけっこう「おえっ」となっていてかわいそうだった…。

私は嘔吐反射が強いタイプなので見てるだけでつらかった。。

まずは動画を見てる時などにできるだけ入れていきましょう、という感じでスタート。

目標は一日60分。

それとあわせて、「あいうべ体操」といって、口を大きく開けたりすぼめたりしながら「あ」「い」「う」「べー」をする体操を毎日5回×朝晩の2回することに。

すべて何分できたか、何回できたか、など記録する紙をもらい記入していきました。

それを見返すと、一番最初はマウスピースを入れられたのは2分、3分、とかいうレベル。

それがだんだん伸びていって、3週間ほどたつと60分入れられるようになってました。

「あいうべ体操」はだんだんサボりがちに…(^^;)

親がやろ!と促さないとやらない→親も日々のバタバタで忘れる→数日忘れる→もういっか…という悪循環に。。

夜のムーシールド装着開始+フルフルスポット

1ヶ月ほどたつと、今度は夜の装着が始まりました。

つけて寝て、朝までつけているのがゴール。

最初は2時間とかで出してしまうことが続いたのだけど、10日間くらいすると朝までつけていられる日が出てきました。

このタイミングで、お口の体操に「フルフルスポット」というものが加わりました。

フルフルスポット
①下をスポット(上の前歯の裏)に置きます
②右の広角、左の広角を舌先で触ったあとスポットに戻ります
※必ず下の先の一番とがったところで触ること
③反対周りも行います。
朝は右から10回、よるは左から10回、という感じで20回しましょう、とのこと。
これもまたすぐサボり始めます(^^;)
ただマウスピースは真面目につけていて、夜つけ始めて、3週間もすると毎日朝までつけていられるようになっていました。

マウスピース紛失事件

矯正を始めてから4ヶ月ほどたった時、娘は風邪を引いていて、熱を出しました。
いつもはしないのに、朝トイレに行く時にマウスピースを持っていってしまったようで、出てきてから「ない!」となりました…。
どこ探してもないので、あーこれはトイレに流したなー…(T_T)
ディズニーランドに行けなくなるかもしれない…ということで親子共に半泣き…!
歯医者さんに電話して、装置をもう一度買わせてもらうことに…。
プラス11,000円なり…痛

上の歯が前に出てきた!

気持ち新たにマウスピース生活を再開して、1ヶ月ほどすると、意識すると、上の歯が前に出るようになっていました。

喋っている時は後ろに下がっていたけれど、兆しが見えてきて安心しました。

▽写真撮ってもらった時はギリギリ後ろにいってるな…!

Bluebird Story 反対咬合 ムーシールド矯正

その1ヶ月半後、「カチカチしてー」と自然に歯を動かしてもらうと、上の歯が前に出るようになりました。

喋っている時も基本前に出ています。

時々わざと後ろに下げることがあるけど、基本は前に出ている状態に。

歯医者さんの方針で、診察時は最初娘一人で診察室に入るんだけど、歯科衛生士さんや先生の「わーーーすごーーーい!!」という声が聞こえてきて、待合室で一人ニヤニヤしてしまった(笑)

「頑張ったねー!すごいねー!」と褒めてもらったようで、娘がすごく嬉しそうだった!

 

今後は週に3日ほどマウスピースをつけたり今やサボりにサボっているあいうべ体操やフルフルスポットをやって、3ヶ月後にまた診察に行きます。

マウスピース、週に3回だとやらなくなりそうだから、安定するまで、しばらくは毎日つけていようと思います。

Sponsored Link

ムーシールド矯正にかかった費用

最後にムーシールド矯正にかかった費用をまとめておきます。

検査+装置代:88,000+11,000(紛失)=99,000円

通院検査代:3,300×5回=16,500円

計115,500円かかりました。

Sponsored Link

ムーシールド矯正にかかった期間

速い子だと1、2ヶ月で良くなる子がいるそうそうです。

特に女の子は「はやくかわいくなりたい!」「プリンセスになりたい!」というモチベーションでがんばれるそう。

娘の場合は、ムーシールドを入れる時におえっとなってしまったり、鼻風邪をよく引いて鼻呼吸ができずに苦しくてはずしてしまう、ということが頻発したのもあって、スタートダッシュがゆっくりめだったので、治療期間は7ヶ月ほどかかりました。

 

今後の成長のためにも今のうちに口呼吸は治しておきたいし、永久歯になっても反対咬合だと矯正代がさらに高くなるから、4歳のうちに矯正しておいてよかったです。

 

 

お子さんのムーシールド矯正を検討されてる方の参考になったら嬉しいです!

最後まで読んでくださってありがとうございました!

 

 

 

 

Comments