[楽天マガジン]海外にいても日本の雑誌が読める!月300円で200誌が読み放題!

楽天マガジン 便利アプリ

中国(特に北京!)にいると、オシャレしよう!という気概がなくなっていきます…

 

もともとオシャレとか流行には疎い方ではあるのだけれど、

北京で外に出ても中国人さんはすっぴん率高いし、

おしゃれな人も少ないし(←失礼)、

体毛とかもありのままな人が多いし(←またまた失礼)

日本人さんとはあまり会わないし…

じゃ、私もいいよね♡となり、ついつい適当な格好で出歩いてしまう私です…。

(上海は中国人でもお化粧をしてオシャレな人が多くてちょっと気が引き締まった記憶が…!)

 

なので、日本に一時帰国する時は、すごい格好で帰ってしまい、日本でも中国人に間違えられたり…!

周りの日本人のあまりのオシャレさに、穴があったら入りたい!となったり…。

ということで毎度日本に帰った時はその足で本屋さんに寄り、ファッション雑誌を買って気を引き締め直す!ということを、もうある意味儀式的にしておりました。

 

が、ある日夫が、電子マガジン申し込んでみようよ〜と言ってきまして。

何それ!北京にいながら日本の雑誌読めるの?申し込むー!

ということで申し込んでみたら思ったより良かったのでご紹介します!

Sponsored Link

楽天マガジン

今dマガジンとか、いろんな電子雑誌がありますが、

私たちが使っているのは楽天が出している電子雑誌サービス楽天マガジン

月額380円年間申し込みなら3,600円で、約200雑誌が読み放題です!

私たちは夫の楽天IDで 1年間3,600円のコースを申し込みましたよ。

一月300円。

楽天マガジンのメリット

複数端末での使用OK

最大5台までの端末で使用可能」ということで、

夫の楽天アカウントで申し込んで、

夫のiPad mini、私のiPad mini、二人で使ってるiPad、義母のiPad(笑)の4端末で使っています。

夫と私で読みたい雑誌が違うので、これは助かる!

幅広いカテゴリー・雑誌ラインアップ

カテゴリーは幅広く、たくさんあります。

  • 女性ファッション・ビューティ
  • 女性ライフスタイル
  • 男性ファッション
  • 男性ライフスタイル
  • ニュース・週刊誌
  • ビジネス・経済
  • IT・ガジェット
  • スポーツ・アウトドア
  • 家事・インテリア
  • 趣味・娯楽
  • グルメ・トラベル

などなど。

▼私はだらけたオシャレ魂(?)を取り戻すために、女性ファッション誌を。

Domani、Ginger、Oggi、CLASSY、BAILA、MORE、nonnno、mina、美的、MAQUIA、美STなど一通りあります。読み放題♪

楽天マガジン

▼女性ライフスタイル

anan、たまごクラブ、ひよこクラブ、ku:nel、Hanako、クロワッサン、OZ Plusなど。これまた一通りあります。

楽天マガジン

海外で妊娠生活、新ママ生活を送られてる方は、

たまごクラブひよこクラブあたりはあると心強いですよねきっと!

とにかく読み放題

夫婦2人でどれだけ読んでも、年間3,600円=月300円

このサービス使っていなかったら読まなかったであろう雑誌も、

どうせ同じ金額なら、と、ジャケ買いならぬジャケ読みしたりしています。

世界が広がる感じがして楽しい。

オフラインでも読める

ダウンロードしておけばオフラインでも読めるので、

飛行機に乗る前ラウンジで雑誌ダウンロードして、

飛行機の中で日本の雑誌を読む、なんて優雅なことができます。

身軽でいられる

私、一度買った紙の雑誌って、

お金出して買ったしな〜と思ってしまってなかなか捨てられない貧乏性タイプです。

かと言って再び読み返したりもしない。

日本の実家には読まなくなった雑誌が積んである…。

特に今は海外転勤族で引越しが多いのでできるだけ身軽でいたいです。

紙はとても重いから、電子書籍として全てiPadの中にいてくれるのはありがたい!

楽天ポイントで支払える

2017年7月6日から、使用料を楽天ポイントで支払えるようになりました。

月額でも、年間申し込みでもOK。

我が家は北京に移住してから、ポイントがかなりたまるので、楽天のサービスのヘビーユーザーになりました。

▼今まで100万ポイント以上たまりましたよ。

海外駐在だからこそ楽天をうまく使う!我が家が100万円以上楽天ポイントで稼いだ方法
我が家は海外駐在になってから、楽天を大活用して、ポイントを稼いでおります。 今まで獲得したポイントは… 113万ポイント♡ 1ポイント=1円換算なので、110万円以上もらったことになります♡ おかげで...

期間限定ポイントが余りすぎて、

何か買わなくちゃ!と毎月買うものを探しているくらい。

なので、実質タダで雑誌が読み放題♡って魅力的すぎー!

31日間無料

31日間の無料お試しキャンペーンをしているので、

我々も最初夫のアカウントで無料キャンペーン申し込んで2人で読んで、それが終わったら夫のアカウントは解約して、今度は私のアカウントで無料キャンペーン申し込んでまた2人で読んで、という少々小賢しいことをしておりました(笑)

その後は観念してちゃんとお支払いしています。

申込み・ダウンロードが簡単

rakutenmagazine

ご自身の楽天IDを使ってWEBから楽天マガジンを申し込んで、

タブレットやスマホに楽天マガジンのアプリ(無料)をダウンロードして、

アプリで楽天IDログインするだけ!

楽天マガジン-初回31日間無料で約200雑誌読み放題

楽天マガジン-初回31日間無料で約200雑誌読み放題
開発元:Rakuten, Inc.
無料
posted with アプリーチ

かんたーん!

楽天マガジンのデメリット

一部芸能人の写真が見られない

雑誌出版社と楽天の間の契約の問題だと思うのだけど、ジャニーズや一部人気アイドルの写真が見られないことが多いです。

灰色の人型にくり抜かれた寂しいページがちらほら…。

▼例えばこれ、oggi7月号。

まあこれはこれで面白いけど(笑)

ogg7月号

彼らの写真を楽しみにしているファンの方は

紙の雑誌や別サービスを利用する方が良いと思います。

閲覧期間が限られている

雑誌にもよるのだけど、私がよく読む女性ファッション誌だと、閲覧できる期間はだいたい3ヶ月くらい。

あーあの雑誌のあの特集良かったなぁまた見たい!と思っても、閲覧可能な期間を過ぎてしまったらもう見られません。

これは紙には勝てないところ。

(実際は一度読んで内容忘れてしまうので、もう一度読みたい!っていうこともなかなかないのだけれどね。)

私は時々気に入ったページがあったらiPadでキャプチャとって保存したりしていますよ。

中国はダウンロードが遅い

最近特に日本コンテンツの取り締まりが厳しい中国。

VPNがなくてもダウンロードできますがとても遅いです。

ネットワークによってはダウンロードできないこともあります。

海外にいても、VPNがあれば問題ないですよ。

[中国] 中国で使える日本VPNサービス6つを徹底比較!おすすめVPNとVPNを選ぶ時に重視していること【2018年最新】
中国といえばネット規制が厳しいことで有名ですね。 LINE、FacebookやInstagram、Google系のサービスは使えないので、中国に住むことになったり、中国出張、中国旅行の場合はとっても困ります。 中国で見られないWEB...

こんなところでしょうか。

 

 

海外にいても、日本にいるのと変わらず、

最新の雑誌が読めるのは、本当に嬉しい。

 

この時代に生まれて、良かった…!!

 

楽天マガジン、おすすめです!

 

▼最新の本を読むならkoboも良いですよ。

http://books.rakuten.co.jp/e-book/
[楽天kobo] 海外にいても日本の最新の本が読みたい!クーポンでお得に本を買う!
以前、楽天マガジンを夫婦で愛用しています、という記事を書きました。 実は雑誌だけでなく、本が読めるkoboも利用しています。(ヘビーユーザー過ぎ??) Amazonのkindleも使っていますが、楽天のポイントが余っても...

Comments