[無錫]南朝に建てられた南禅寺。43.3メートルの妙光塔が立派。南禅寺文化商城でショッピングも楽しい

無錫南禅寺無錫

無錫トリップ。

最初は南禅寺に行きました。

Sponsored Link

南禅寺

無錫南禅寺

無錫市梁溪区中心にあるお寺。

今から1450年ほど前の南朝の480寺のうちのひとつ。

梁武帝の時代(547年)に建設が始まりました。

仏教を深く信仰していた南朝梁帝萧衍は無錫にたくさんのお寺をつくりました。

そのうちのひとつが、この南禅寺。

もともとは护国寺(護国寺)と呼ばれていました。

その後唐の高宗が、670-674年に灵山寺という名前に改名。

再びその後北宋の仁宗皇帝が福圣禅院と改名しましたが、民たちがこのお寺が南にあったため南禅寺と呼び始めたのが定着し、南禅寺となりました。

国家AAAA级旅游景区に認定されています。

無錫南禅寺

無錫南禅寺

妙光塔

無錫南禅寺妙光塔

南禅寺の東側にあるのは妙光塔という塔。

高さは43.3メートル。

北宋の雍熙の時代に建築が始まりました。

ショッピングエリア

寺兴市は”南禅寺文化商城”という12万余平方メートルもの巨大な総合ショッピングエリアをつくりました。

ショッピングエリアの北部は明・清時代風の建築様式を、南部は宋朝の建築様式をとっていて、中国を感じられるエリアとなっています。

妙光街は無錫市によって”旅游街”としても認定されています。

Sponsored Link

おまけ

さすが中国。ご祈祷もキャッシュレスでした。

お祈りの内容をスマホ上で記入できて、画面の右側に表示されます▼

Sponsored Link

観光情報

●住所:无锡市梁溪区向阳路32号

●最寄り駅:地下鉄1号線 南禅寺 駅8番出口

●入場料:無料

※妙光塔に登るには入場料をとられる場合もあります。

いつも読んでくださってありがとうございます♡
非常感谢您的支持♡

にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村
無錫
Sponsored Link
記事をシェアする
bluebirdをフォローする
Bluebird Story

Comments