Sponsored Link

[上海]一番好きな上海B級グルメ 焼き小龍包のお店♪小杨生煎

小杨生煎 上海のレストラン

初めて上海に行った時、香港人のイケメン クラスメートに連れていってもらって

初めて食べた焼き小龍包のお店、小杨生煎。

あまりの美味しさに感動して上海に行く時はまた絶対食べるぞ!と心に誓い、その後上海に行く度に通っていました。

 

今回は10日ほどの上海滞在で、一人の時に外卖で食べ、夫と一緒にお店に食べに行きました。

どんだけ好きやねんー。

外卖で

夫の(出張先からさらに)出張中、一人でホテルで外卖♡

小杨生煎

▼30元以上で割引、というのがあったので試しに頼んでみた油豆腐牛肉粉丝汤(咖喱)

カレー味。

悪くない、けどちょっとMSGを感じた…!

小杨生煎

▼これが大好きな生煎ーーー♡

うまうま。

小杨生煎

4個入り(8元)×2パック頼んだよね。

▼お会計

小杨生煎

これだけ食べて28元(約485円)♡

お店で食べるより安いからね、ありがたい。

お店で

夫とお店に行って食べました。

生煎4個入り(8元)

小杨生煎

美味しすぎる…♡

 

生煎、エビ入りとかいろんな種類あるけど、

ノーマルが一番安くて一番美味しい

コスパ良し♡

 

1人1皿ずつ食べて、まだいけるよね…となり、

結局2人で3皿食べました。

おやつに。

食べすぎ。

私流 生煎の食べ方

生煎、美味しい肉汁がたっぷり入っているので、

がぶっと噛むとぴゅーーーーっと汁が飛び出てきます。

あああ大事な肉汁…もったいない…(T_T)となりますので

食べる時は注意が必要です。

 

数回食べてきて私が編み出した生煎の食べ方

前歯で皮にぷちっと小さな穴を開けます。

▼こんな感じ

小杨生煎

そしてこの穴からちゅーーーーっと汁を吸います。

※熱いので注意!

これで汁をこぼさず、無駄にせず、食べられる♡

小杨生煎の起こり

店名の通り杨さんが作った小杨ブランド。

本名は杨利朋さん。

1967年生まれ。

彼は、白手起家 bái shŏu qǐ jiā(何もないところから事業を起こした起業人)。

卵の茶葉煮やフルーツのお店を開いたり、服屋さんを開いたりした後

1994年に吴江路で生煎のお店を開きました。

これが最初の小杨生煎。

そこから20年以上続いています。

 

彼が作る生煎は、国家基準を満たす豚肉の纯精肉を使用し

当日入ってきた材料はその日のうちに売りきる、というスタイル。

お肉は新鮮で、衛生的で安全。

数多くの店舗を持つチェーン店ですがフランチャイズという形は一切とらず

全て直営店。

品質管理を徹底しています。

 

2006年には小杨生煎は”上海名点、名小吃”という称号を得ます。

そして会社は信用度が高い、”信用资质AAA”企业と評価されました。

 

 

美味しい理由、納得♡

これからも上海に行ったら食べに行きます♡

 

今日はこの辺で。

 

再见!

 

Comments