Plastered T-Shirts 创可贴 8 創業者Dominic Johnson-Hill氏の講演@北京大学

Turningyourweaknessesintopowers 講演会

北京大学でPlastered T-Shirts 8(创可贴 8)創業者のDominic Johnson-Hill(江森海)氏の講演があったので聞いてきました。

Plastered T-Shirts 8は、2005年にイギリス人のDominic氏によって南锣鼓巷で産声をあげた、Tシャツ屋さん。

▼南锣鼓巷にあるこのお店、見たことある方も多いのでは?

(※写真はPlastered T-Shirts 8 HPより) 現在は南锣鼓巷、798などで3店舗展開されています。

PlasteredTShirts_南锣鼓巷

Sponsored Link

“Turning Your Weaknesses into Powers”

Dominic氏がPlastered T-Shirtsを作り、成功して中国で有名人になるまでを共有してくださいました。

大学を中退

Dominic氏、あまり真面目に勉強をしていなかった18歳の時に、大学のある先生から、彼のお母さん宛てに、彼のダメな部分を箇条書きにした紙を渡されたそうです。

✔️ impulsive 衝動的
✔️immature 子供っぽい
✔️disorganized めちゃくちゃ
✔️distractible すぐ気が散る
✔️easily frustrated すぐイライラする
✔️daydreams 空想に耽る

彼のお母さんは、怒るどころかそれを面白がって、その紙をトイレの壁に貼ったそうです。

(イギリスでは大事なものをトイレに貼ったり隠したりするそう。)

お母さん、すごい!

そして彼はそのまま大学を中退しました。

大学を辞めた後、アフリカで1年、南米で一年、そしてインドで働きながら旅をし、1992年に北京に着いたそうです。

学校での教育はうまくいかなかったから、「旅をしながら自分を教育した」という表現をされていました。

北京が大好きになり、住み着いて外国人が多く集うパブで働いたり、内モンゴルに行って通訳をしていました。

彼が言っていた印象的な言葉。

“Your Brand = Sum of Life Experiences”

「今までの経験全てが、自分のブランドになる。」

 Tシャツを作る

Dominic氏、北京に来てから、中国らしいもの、例えば電車の切符、通りの名前が書いてあるプレートなどを写真に撮って集めるのが好きでした。

ある時北京の道端で旅行中の外国人が、万里の長城の絵が描いてあるTシャツを着ているのを見ました。それは、彼が数年前に初めて北京に来た時に見たものとほとんど変わらなかったそう。

そこで、今まで集めて来た「北京っぽいもの」をTシャツにしてみよう、ということで、初めてTシャツを作りました。

「中国人が外国のものを真似する」のではなく、「外国人が中国のものをもらっちゃう」”Foreigners take Chinese IP”と言ってたのが印象的でした(笑)

▼彼が初めて作ったTシャツ。万里の長城の上にビキニ姿の女性という斬新な組み合わせ。

北京を訪れる外国人をターゲットに、南锣鼓巷の小さなお店を借りて販売を始めました。

弱みを活かしたアイディアを連発

そこから、ブランドを認知してもらうため、自分の”弱み“を活かして次々と画期的な面白いアイディアを実行していきます。

●胡同の道端でファッションショーを始めて警察に捕まる(も、警察に見なかったことにしてもらった)。

●一般人に普通は会ってもくれないトップ雑誌の編集者たちと会うためにそれぞれの編集者が好きなものをリサーチしてそれぞれが喜ぶサプライズをしてファッションショーの招待状を受け取ってもらう。
(招待状を渡した10人中4人が実際に来てくれたらしい!そして2人が無料で何ページもの記事にしてくれた!)

●有名な中国人女性芸能人にブランドが気に入られてテレビに出ないか、と誘われた時、彼女に「宫保鸡丁」(中国の鶏肉の定番料理)という文字が描かれたTシャツを着てもらい、自分は「收药」(「セカンドハンドの違法ドラッグ買います」)と描いた下に自分の本当の電話番号を載せたTシャツを着てテレビ出演する。1年間電話が鳴り止まなかったそうです。笑

▼写真は中国青年报より

dominictshirt

●100個白菜並べたら面白いんじゃないか?と思って本当にお店の前に「免费发」(发は中国語で「儲かる、お金を稼ぐ」の意味。旧正月は「恭喜发财」今年も儲かりますように、と挨拶に使ったりする。发と发は同じ音)と書いた紙と共に100個白菜を並べてみる。

▼朝からご近所さんが白菜もらうために並ぶ!

▼北京ど真ん中の胡同(=億は下らない)に住むお金持ちのおばちゃんたちが並んで、嬉しそうに白菜をゲット。すごく話題になったそうです。

●一時話題になった「北京の空気」缶も彼がデザインして販売!すごくバズりましたよね。

▼写真はPlastered HPより。1個4元(約65円)

北京空気

 

オリジナリティ溢れるアイディアを次々と実行していき、北京を訪れる外国人だけでなく中国人からも愛されるブランドに成長しました。

今ではレギュラーとして中国のテレビ番組ももっているそう。

 

落ち着かなくて空想に耽って人と違うことを考えて…と、大人にネガティブに捉えられてきた自分の性格を強みに変えて、どんどん世の中に新しい価値を提供している彼は、とても格好良く見えました。

 

イギリスでも、「中国で成功した起業家」として、ロイヤルファミリーから賞をもらったそうです。

彼のお母さん、受賞時の写真を、トイレに飾っているそうです。

大学の先生にもらった、彼の弱みリストの隣に。

Sponsored Link

おまけ

最後の質問コーナーで彼に質問したら、Plastered 8 の新商品をもらいました♫

面白可愛い!けどどこで使おうかしら(笑)

Plastered8ペンケース

Plastered8ペンケース

いつも読んでくださってありがとうございます♡
非常感谢您的支持♡

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ


講演会
Sponsored Link
記事をシェアする
bluebirdをフォローする
Bluebird Story in Beijing

Comments