Sponsored Link

[北京]1971年京都創業の前田珈琲。北京 亮马桥に初の海外店をオープン

前田珈琲 北京カフェ

3月末 亮马桥にオープンした、前田珈琲、ずっと気になっていてようやく行ってきました!

前田珈琲

前田珈琲は1971年創業の京都のカフェ。京都に6店舗あるみたい。

北京のお店はなんと初の海外店舗だそうで!

日本では行ったことなかった日本のお店に、北京で初めて出会って。こういうのもご縁だなぁと思う。

北京店

亮马桥の天泽路草场という新しい建物の2階にあります。

半分くらいのお店がまだ工事中でオープンしてなかったです。

前田珈琲

▼どうやら1階のKOKORO(日本酒バー)も系列のようで、2階の前田珈琲がお客さんいっぱいになると1階のKOKOROに案内されてました。珈琲も店員さんが2階で作って1階に持っていってました。

前田珈琲

▼入口

中国語でコーヒーは口偏の咖啡(kā fēi)だけど、ここはちゃんと日本と同じ王偏の珈琲。

前田珈琲

店内

木があったかい雰囲気を醸し出していて落ち着きます。

が。しかし。建物自体工事しているお店が多いからかオープン間もない(か?)からなのか

クーラーつきません…。超暑い!!!

前田珈琲

満席で、私たちがギリギリ最後に座れたお客でした。

後から来たお客さんは1階のKOKOROに通されてました。

ついゆっくりしたくなるから回転率低そうー。

前田珈琲

前田珈琲

メニュー

本店から輸入した自家焙煎豆を丁寧にドリップする4種類のコーヒー。58元(964円)〜。

良いお値段しますな…!!

前田珈琲

コーヒーに比べてお料理は比較的リーズナブルでした。

▼かき氷もあり。(一番安いホットコーヒーと同じ値段…!)

前田珈琲

頼んだもの

▼龍之介58元(964円)。

カップがお抹茶茶碗のようでオシャレ。可愛らしいクッキーつき。(でも美味しくなかった…)

前田珈琲

▼店内があまりにも暑くて、ホットコーヒーをもう1杯頼む気にはなれず。

コーヒーかき氷を頼みました。これも58元(964円)。

コーヒーの苦味と甘いシロップが素敵なハーモニー!だけど、後半 味がだいぶ薄くなってきて最後は頑張って食べきった、という感じでした。。58元の価値は感じられず…。

前田珈琲かき氷

お手洗い

お手洗いは店内にないので、外にある建物共通のお手洗いに行きます。

▼店員さんにトイレの鍵(カード)を借りる必要があります。カードをピッするとドア開きました。

前田珈琲

まだオープンしているお店が少ないからいいけど、全店舗オープンしたらこのオペレーションは厳しそう&トイレの数が少ないのが気になりました。

感想

お店の内装や食器などハード面は日本っぽさを再現していてなかなか良いなぁと思いました。

が、いかんせんクーラー効いてないから暑い!!汗だくでホットコーヒー飲む気にはなれない…。

あともうひとつ気になったのは、スタッフ数がやたら多いのだけど、けっこう無駄な動きが多くて、バタバタしていて落ち着きませんでした…。

今回カウンター席に座っていたから会計が近くて、お客さんと店員さんのやりとりをずっと聞いていたのだけど(←暇人)、お会計ひとつにしろスムーズじゃなくて、他のスタッフに「このお客さん何頼んだ?」とか「このお客さんどこ座ってた?」とか聞いて、スタッフが席まで確認しに行って、戻ってきて〜みたいな動きをしており。

どうやらまだオペレーションの流れが定着していないよう。(オープンしたの3月だけどね。。)

店長さんらしき年長の男性含め、スタッフが全員おろおろ状態で、見ていて疲れました…。

商品の価格帯が比較的高いから、サービス面でカバーできていないとけっこうきつい気がします。

今のところ残念ながらリピートはないかなぁ。

これからの改善に期待!です。

店舗情報

●地址: 朝阳区天泽路草场201

●电话:010-56234368

●营业时间:0:00-20:00 周一至周日

北京 前田珈琲 – 大众点评

おまけ

前田珈琲楽天に出店してました!

コーヒー自体は美味しかったので、今度試しにコーヒー豆買ってみようかなぁ。

▼ちなみに我が家はいつも一時帰国時 楽天で加藤珈琲のコーヒーを爆買いして北京に持って帰ります。家でのコーヒーはいつも加藤珈琲。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ドリップバッグコーヒー6種類から選べるアソート福袋100袋
価格:2999円(税込、送料無料) (2017/7/3時点)

いつも読んでくださってありがとうございます♡
非常感谢您的支持♡

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
北京カフェ
Sponsored Link
bluebirdをフォローする
Sponsored Link
Bluebird Story

Comments