[苏州]1日でまわれる蘇州モデル観光コース!平江路・拙政园・蘇州博物館・留园

平江路 蘇州

1日でまわれる蘇州観光地と感想をまとめました!

▼各名所の位置関係はこちら

Sponsored Link

平江路

平江路

平江河沿いに南北にのびる約1.6kmの道。

唐宋以来の古い街並みが残っています。

白塔東路より南の1.1kmが世界遺産に登録されているそうです。

▼東洋のベニスと言われているだけあります。

ゴンドラ、じゃなくて、小舟が行き来しています。

平江路

白壁と黒瓦のお家が続きます。

平江路

川沿いのお散歩道が続きます。

平江路

平江路

お店もたくさん出ているので楽しいです。

シルク産業が発達した蘇州。

人通りが多い道では刺繍をほどこしたチャイナドレス屋さんを数多く見ました。

あまりにも見るので、だんだん影響受けて、ちょっと買いたくなったけど、(←影響受けやすい人)

「どこで着るの?」という夫の一言で目が覚めました。

確かに。

 

そういえば、以前見て大好きだったドラマ、《因为遇见你》の舞台が、蘇州なのです!

主人公の子もこんな感じの街で育って、刺繍をしていたなぁ、と、脳内トリップしておりました。

Sponsored Link

拙政园

拙政园

平江路を北にのぼっていくと道の終わりにあるのは拙政园 zhuō zhèng yuán。

蘇州四大名園のひとつ。他の3つは、留园、沧浪亭、狮子林。

明代の1505~1566年に造られた庭園。

 

▼ハイシーズンの時(4、5、7~10月)は入場料90元、オフシーズン(11~3月、6月)は70元。

試しに学生証出してみたけど、

「学割は本科生(大学生)まで!あなた歳とりすぎ!」と言われて断念(笑)

拙政园

▼5㎢の敷地なので、とても広いです。

拙政园

蘇州の古典園林では最大規模らしい。

約7割を池や掘が占めているそうです。

この水の豊かさはやっぱり南部なんだなぁと思う。

北京にはない土地の使い方。

拙政园

東園、中園、西園の3つの庭園と住宅部からなります。

拙政园

▼ところどころ窓枠があったのだけど、これはめずらしくステンドガラスになっていました。

綺麗な色。

拙政园

▼中国人さんたちはガイドさんに教えてもらって、この枠に遠くの塔を入れて写真を撮っていました。

拙政园

Sponsored Link

蘇州博物館

蘇州博物館

拙政园の隣にある苏州博物馆。

私たちが行った時(12時頃)はすごく並んでいて、列の表示には45分待ちと書いてありました。

私たちは知らずに並んだ&途中でやろうとして間に合わなかったのだけれど、ネットで予約すれば並ばずに入れるそうです。

▼予約はこちらから。

※SMSを受け取れる中国の携帯電話番号が必要。

注册 - 苏州博物馆
苏州博物馆是地方历史艺术性博物馆。馆址为太平天国忠王李秀成王府遗址。是全国重点文物保护单位。2006年10月建成新馆,设计者为著名的建筑大师贝聿铭。

※飲食物は持ち込み禁止なので注意!

私たちの時はなぜかペットボトルのお水は持ち込みOKだったのだけど、黒烏龍茶はNGをくらいました。その場で飲むか、門のところで預けてきて、と言われました。

(門に行って預けるふりをして持ち込みました…ごめんなさい。だって黒烏龍茶高いねん!!!館内では開けていないので許して…> <)

話は戻しましてこの博物館。

1960年に開館したのだけど、2006年に約3億4,000万元をかけて中国系アメリカ人のイオ・ミン・ペイさんが設計した新館が建てられたので、今まで行ったことある中国の博物館の中で一番近代的な建物でした。

蘇州博物館

いつも博物館に行っては陶器や人形などを見てboketeをしてどっちが面白いかを競っている夫婦なのですが(もうちょっと歴史に興味持って!!)、あまりそういうものはなく、現代的な油絵の絵画があったりしました。

展示品はもうちょっと充実してほしいなぁと個人的に思いました。

(boketeのためでは決してなく!)

Sponsored Link

留园

留园

拙政园と同じく蘇州四大名園のひとつ。

入場料はハイシーズンの時(4、5、7~10月)は入場料55元、オフシーズン(11~3月、6月)は45元。

拙政园が明代のものだったのに対して、留園は清の建築造園様式のもの。

(最初に造られたのは明代1593年ですが、清の時代に再建されています。)

留园

▼蓮。

留园

規模は拙政园よりも小さいのだけど、綺麗だな、と思ったのは留園の方でした。

とっても主観的だけれど。

留园

留园

留园

▼透し彫り、花窓がとても綺麗でした。

留园

たくさん数があるけれど、ひとつも同じものはないそうです。

 

1時間ほどでまわれました。

 


街がそんなに大きくないので、1日2日あれば主要なところはまわれて十分楽しめます。

そして街が中国の他のファーストティアの都市とは全然違う表情を持っているので、観光に向いています。どこをとってもフォジェニックでした。

上海に行く時はまた寄りたいです。

 

それでは今日はこの辺で!

再见ヽ('∀`○)ノ♡

Sponsored Link

関連記事

蘇州のおすすめ料理はこれ!

[苏州]蘇州に行ったら絶対食べたい蘇州料理とおすすめローカルレストラン
蘇州の1泊2日のショートトリップ。中国8大料理のひとつである蘇州料理を食べつくしました!! ※中国8大料理 鲁菜 lŭ cài (山東料理) 川菜 chuān cài (四川料理) 粤菜 yuè cài (広東料...

蘇州の夜景を見るなら山塘街がおすすめです(^^)

[苏州]必見!蘇州の綺麗な夜景を見るなら山塘街がおすすめ!
蘇州の夜景はすごく綺麗、という話を聞いて、夫と夕食後に夜景が綺麗に見える山塘街に行ってきました。 山塘街 山塘橋と望山橋の間の約3.5kmほどの道。唐の詩人白居易が蘇州の長官だったといに、虎丘と蘇州城の門を結ぶ運河と共につくった街。運河...

 

 

いつも読んでくださってありがとうございます♡
非常感谢您的支持♡

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ


蘇州
Sponsored Link
記事をシェアする
bluebirdをフォローする
Bluebird Story in Beijing

Comments