西宁から拉萨へ!22時間の高铁の旅を経て憧れの地チベットへ。

西藏 ラサ

▼西宁1日目:青海湖ツアー

[西宁]携程Ctripの西寧郊外一日ツアーで中国最大の塩湖 青海湖へ!
2時間の珍道中を経て、蘭州から西寧までたどり着きました! 翌日、西宁1日目は青海湖へ。 郊外にあって自分たちで行くのは大変そうだったので、携程(Ctrip)で申し込んだ一日ツアー(190元/名)に参加することにしました!...

▼西宁2日目:市内一日観光&食べ歩き

[西宁]市内一日観光&西寧のグルメを食べ尽くす旅。ヤクのヨーグルトって…?
Ctripのツアーで西寧郊外の青海湖に行った翌日は自分たちで西寧市内で観光。 沙力海 朝昼兼のごはん 沙力海 - 大众点评 小汚いローカルレストランを想像していたので、思ったよりずっと綺麗なレストランでびっく...

と、西宁で丸2日間遊んだ後、

西宁 20:30発のZ6811に乗っていざラサへ!!

▼西宁站

Z6811

Sponsored Link

青藏铁路

西宁が始発駅だったので、遅れませんでした。(始発じゃない電車もあるので要注意!)

Z6811

▼青藏铁路、乗ってみたかった電車です!!

Z6811

チベットは外国人の場合ビザがないと入れない&観光地は現地ガイドと一緒でなくては入れないので、あらかじめ旅行会社にビザとツアーを申し込んでおく必要があります。

旅行会社がビザをデータで送ってくれるので、それを印刷して持っておきます。

電車に乗る前にこのビザのコピーをチェックされます。これがないと電車に乗れません。

※飛行機で行く場合はビザの原本を持っている必要があります。

▼この2枚の書類が必要。

チベットビザ

▼どの旅行会社のどのツアーグループがわかるもの。

チベットビザ

無事チェックも通過して、乗ります。

車内は北京→兰州とほぼ同じつくり。

[チベット旅行][兰州]まずは北京から蘭州へ!高铁で16時間の鉄道旅!
チベットに向かう途中、兰州に寄りました。 兰州も比較的標高が高いので、高山病にならないように、 体をならしながらゆっくり電車で行きました。 約16時間の長旅です。 ▼チケットはこちらのアプリで買いましたよ。 ...

青藏铁路

鉄道の長旅を快適に過ごす優秀アイテムについての記事はこちら▼

[中国]長距離電車(高铁)の旅を快適に過ごす!おすすめアイテム8選
北京から兰州までの16時間、 そして西宁から拉萨までの22時間、 合計38時間を寝台列車の中で過ごしました! 準備万端でのぞんだので、とっても快適に過ごせました。 私たちが持ち込んだ、長距離鉄道の旅におすすめ...

▼綺麗な洗面所もついています。

Z6811洗面所

※トイレは和式。

Sponsored Link

高山病対策

西宁は標高2,200m、拉萨(ラサ)は3,650m。

念のため、事前に買っておいた、高山病対策の薬を飲んでおきます。▼

Z6811

▼中国人のお友達に教えてもらって一号店(中国のネット通販)で買った薬はこれ。

高原安が高山病用のお薬。西洋参含片は疲労回復用。

一番上の晕车贴(酔い止め薬)はおまけでついてきました。

高山病薬

Sponsored Link

旅行者健康カード記入

電車に乗ってしばらくすると車掌さんが、チケット確認時にこの紙を持ってきて、記入するように指示されます。

▼住所も電話番号も必ず記入するようにと言われます。日本の住所、電話番号でもOK。

Z6811

ちゃんと健康ですよ、標高3,000mでも問題ない状態ですよ、という内容です。

まだこの時点では3,000m行ってないからこの先どうなるかわからないけどね(笑)

呼吸器系や心臓などに疾患、糖尿病などの病気を患ってる方はこの先行けません。

よくジェットコースターに書いてある注意書きみたい…。

Z6811

北京→兰州で乗った時と同じように、このカード▼とチケットを交換します。また降りる前にチケットと交換です。

Z6811

Sponsored Link

車内

今回は2人とも下铺の软卧をとれました!

下だと荷物置けたり座れたりで便利だし、窓があって外が見られるのでいつも第一希望は下铺の我が家です。

▼早速ちらかっておる…。

青藏铁路

同じ部屋になったのは大連から来た中国人さん(女性)と、シンガポール人さん(男性)。

大連中国人さんは隣に家族がいるのでほとんどお隣の部屋にいたのであまり話しませんでした。

シンガポール人さんはお仕事の有給をとって10日間ほどチベットを旅するそうです。

 

夫とipadでコードブルーを見て、22時頃就寝しました。

中国人さん方寝るの早いから電気を消すために私たちも早めに、ね!

 

翌日

朝起きたら…空が青い!建物が何もない!人っこ1人いない!という中国らしからぬ景色が目の前に。

Z6811

▼線路と電車の影が草原に映る。

西藏

▼途中とっても大きくて綺麗な湖の側を通りました。

Z6811

▼羊や馬、牛など動物もたくさん見ましたよ。

青藏铁路

▼中国内にもこんな場所があるんですね!

青藏铁路

Sponsored Link

到着

22時間の長旅を経て、ようやく念願の地、拉萨(ラサ)にたどり着きました!

西藏站

Sponsored Link

ホテルへ

旅行会社のガイドさんが迎えに来てくれるはずなのだけど、電話したら30分ほど遅れると。

事前に私たちが乗る電車の便も伝えてるのに!ありえない!!と、夫、キレる(笑)

2日間お風呂に入っていないから早くホテル行ってシャワー浴びたかったのと、できるだけ長くラサを散策したかったので、夫が旅行会社に、「自分たちでタクシー乗っていくからタクシー代負担して!」と交渉してくれて、OKが出たので自分たちでホテルに向かいました。

拉萨站前で拾うタクシーはメーターを使わずに言い値なので交渉が必要。60元、50元とふっかけられながら、45元で乗せてくれるおじちゃんに決定!

(あとで領収書を渡して旅行会社に払ってもらいます。ただしここではメーターを使ってくれないから領収書が出せない…ので、前日に乗せたお客さんに渡さなかった領収書をいただきました。旅行会社に電話で確認したらそれでもOKとのこと。OKなんかーい!と思ったけど助かった。)

タクシーの運転手さんはサービス精神旺盛でよく喋ってくれます。

母国語は藏语(チベット語)で、中国語はタクシーの運転手を始めた頃、13年前から喋りながら覚えた、と言っていました。すごいなぁペラペラだった。今の学生さんたちは小学校から中国語(普通话)の授業があるから、若者たちは中国語ペラペラです。

2人の運転手さんで1台のタクシーの車をシェアしていて、1日12時間走らせて収入はだいたい月5,000元(約84,000円)だよ〜と、聞いてないのに裏の裏事情まで教えてくれました(笑)こういうのさらっと話すあたり、中国人っぽいなぁと思ったけれども、チベット族としての誇りがある彼にはそんなことは言えません。

チベット仏教を敬虔に信仰しているから、近くの四川の人々のように、動物の内臓から手足、皮までなんでもかんでも食べてしまう奴らは嫌いだ!野蛮だ!と言っていました。これまた私、ホルモンが大好物だなんて口が裂けても言えなかった。。

Sponsored Link

ホテル到着

そんなこんなしている間にホテルに着きました!

泊まったのは 剛堅拉薩飯店 Gang-Gyan Lhasa hotel

Gang-Gyan Lhasa hotel

中がチベット風にカラフルです。

Gang-Gyan Lhasa hotel

外人さんが多く泊まっているようでした。

▼お部屋はこんな感じ。

ラサホテル

▼シャワーがめずらしいタイプ。

ラサホテル

 

今まで中国人に紛れながら中国を旅してきた私たちの、「外国人として」のチベット旅が、いよいよ始まります。

 

つづく

 

Sponsored Link

関連記事

▼ラサのポタラ宮に感動!

[拉萨]初日のラサ探索。ポタラ宮に感動!あの写真が撮れた!ラサ初ディナーは第二村石锅鸡で。
22時間の鉄道の旅を経てラサに到着! ホテルで念願の(?)2日ぶりのシャワーを浴びて、ラサ探索に向かいます! 観光地の中に入らなければ、外国人も自由に街を歩いて大丈夫です。 ▼ラサの旧市街部分には白く塗られたチベッ...

▼チベット旅行のスケジュールとブログ記事一覧はこちらからどうぞ。

[チベット旅行]スケジュールと旅行記ブログまとめ 蘭州〜西寧〜ラサ〜成都 2週間の鉄道の旅
バラバラと書いてきたチベット旅行の記事、一ヶ所にまとめました! これからチベット行かれる方の参考になったら嬉しいです。 全体スケジュール 蘭州 まずは北京から蘭州へ!高铁で16時間の鉄道旅! 長距離電車の旅...

Comments