今回の一時帰国、ANA(北京→羽田→関西→北京)の飛行機代=5,730円也 [ANA特典航空券(複数都市)]

ANA特典航空券 一時帰国

今回の一時帰国もいつも通り楽天ポイントをANAマイルに変換して特典航空券をとったわけですが

(詳細は過去記事を参照▼)

私が航空券を買わずにANAで日本に帰れている理由!楽天ポイントをANAマイルに変換
もうすぐお盆ですね。日本に一時帰国される方も多いかと思います。 実は私、ここ数年の一時帰国は、もっぱらANAのマイルで飛行機をとってるので、 航空券チケットは買っておりません。 そのカラクリをご紹介しちゃいます! ...

今回は、関西の夫の実家にも寄る予定なので、

北京→東京(羽田)、東京(羽田)→大阪(伊丹)、大阪(関西)→北京の

合計3つの便をANAの特典航空券でとりました。

▼実際にとった便

ANA特典航空券

 

 

気になる必要マイルとお値段は…

ANA特典航空券

20,000マイルと、5,730円!!

 

いつも北京⇆東京の往復便も必要マイル数は20,000マイルなので、

便が一本追加になっても必要マイル数が一緒!!

これは乗らなきゃもったいない。

せっかく日本に帰るなら、用事なくてもいろんな都市に行きたくなります。

(以前もこの仕組みを使って四国や石垣島に行きました。)

ANAのマイルがたまっている方はぜひ使ってみてください♡

次に複数都市の航空券のとり方をのせておきます。

Sponsored Link

複数都市の特典航空券をとる

WEBでの予約方法

まずはANAのHPへ

https://www.ana.co.jp

【ANAマイレージクラブ】をクリック

ANA特典航空券

【特典航空券】の【ANA国際線】をクリック。

※もちろん国内線も可!今回は北京から日本への一時帰国、ということで国際線を使います。

ANA特典航空券

【ANA国際線】から【特典航空券予約】をクリック

ANA特典航空券

【複数都市・クラス混在】をクリック

(※普通に北京⇆東京の往復だったら【往復】を選びます)

出発日と出発地、到着地を選びます。

ANA特典航空券

※とれる日程は、355日前(出発日含まず)の午前9:00(日本時間)から、

出発の96時間前(日本時間)まで。

ANA国際線特典航空券の予約・購入は何日前から可能ですか。また、受付期限はいつまでですか。

※国際特典航空券は片道でとることはできません。

国際線2区間以上からの利用で、出発地と最終帰着地が同一国内である必要があります。

 

我が家の今回のパターンは

1 北京→東京(羽田)

2東京(羽田)→大阪(伊丹)

3 大阪(関西)→北京の3便。

人数を記入します。

ANA特典航空券

▲「ログイン会員本人は含まない」というのは、

たとえばだんな様のANAマイルで、奥様の飛行機をとる、という場合にクリックします。

これ、この後飛行機を選択した後で、乗る人を変えることはできないので、

ここでクリックするのを忘れずに!

(私何回もこれであああああまたやり直し…ってなってます…。)

※特典航空券で乗れるのは、

会員本人、会員の配偶者・同性パートナーおよび2親等以内の家族

▼事前に利用者登録が必要です。

https://www.ana.co.jp/amc/reference/tukau/register.html

ANA特典航空券利用者

▲画像はANA HP「ご利用にあたってのご注意」より

リンク:https://www.ana.co.jp/amc/reference/tukau/note.html

区間ごとに何時の便がいいか選択します。

ハイシーズンの時は空席がなくキャンセル待ちになっていることも多々あり。

ANA特典航空券

区間2、区間3も同様に希望の便を選択します。

ためしに選択してみた便(例)▼

ANA特典航空券

必要マイルはやっぱり20,000マイル。

お支払い総額は4,770円。

私がとった時(5,730円)よりも960円安い…!

ANA特典航空券

あとはクレジットカードでお支払いします。

座席も予約できるのでしておきましょう♫

Sponsored Link

中国⇆日本便の特典航空券 必要マイル数

必要マイル

中国(アジア1、Zone3)の場合はエコノミークラスで17,000〜23,000。

ANA特典航空券必要マイル数

L:ローシーズン、R:レギュラー、H:ハイシーズン

Y:エコノミークラス、C:ビジネスクラス、F:ファーストクラス

参照:https://www.ana.co.jp/wws/ind/j/asw_common/amc/reference/tukau/award/int/usage.html

ベースがこのマイル数。

さらに日本国内便を追加しても必要マイル数が変わりません。

空港使用料など

●予約画面での「お支払い総額」というのは、

最低$70(2015年2月現在)からの税金・空港使用料・燃油特別付加運賃など付帯費用のこと。

旅程・利用クラス・換算レートなどによって変動します。

●航空券発券時に会員本人または搭乗者のクレジットカードで事前に支払いします。

今回の帰国の便は8月にとったので(5,730円)、

今(10月)試しにやってみた例(4,770円)とは金額が違うんですね。

中国⇆日本の場合はだいたい5,000円くらいで帰れる、と覚えておくと良いかもしれないです。

 

以上です。

ANAマイルを貯めて、お得に一時帰国しましょう!

Comments