[中国ドラマ]中国史上初の皇太后のお話《芈月传》『ミーユエ 王朝を照らす月』が面白い!兵馬俑は芈月のためだった?

芈月传

2015年〜2016年にかけて中国で放送されていた時代劇。

ちょうどこの頃はドラマを見ている余裕が全くなかったのでこんなドラマがあったことすら知らなかったのだけど

今年になって日本の衛星劇場で放送(4月10日〜)されると聞いて、

日本で放送するくらいなら面白いに違いない!と見てみることにした次第です。

(最近中国の時代劇にすっかりはまってます♡)

2011年放送されて大ヒットした 宮廷ドラマ《甄嬛传》(『宮廷の諍い女』)の監督(导演)郑晓龙さんや孙俪率いるキャスト陣が再集結した模様。

(欢乐颂メンバーも数人出てますよ☆)

今年になって、中国の時代劇にはまっている私。 今まで中国語のヒヤリング練習にと現代ドラマばかり見てきて、時代劇はスルーしてきたのだけど...

芈月传は、秦の時代のお話です。

芈月は、かの有名な秦の始皇帝の高祖母(祖父の祖母)

そして中国史上初めて皇太后になった人

調べてみると、史実に基づいているらしい。

相変わらず歴史オンチなのでドラマを見て当時の時代の流れを勉強できて良かったです!

スポンサーリンク
336*280

あらすじ

芈月传

世の中を制す覇者を示す覇星の誕生の予言のもとに楚王の庶子として生まれたミーユエは、幼少期から幾多の困難に見舞われるも芯の強いまっすぐな性分で常に自分らしさを失わない女性へと成長する。私欲や憎悪の感情に流されず、自分の守るべき相手に対し深い愛情をもって接するミーユエの命は、彼女を慕う多くの人びとによって守られていた。義母姉に同行し、秦の後宮に入ったミーユエは、やがて王の生母となり、秦のさらなる強大化を支えるため朝政に参加し、中国統一への礎を築いていくことになる。

引用:衛星劇場HPより

武則天のドラマ《武媚娘传奇》もそうだったけれど、もう女のバトルが激しくて!!

私にとって初めての中国時代劇、楚乔传を見てからすっかり中国の時代劇はまっております。 若干今さら感はありますが、2014年〜放送された...

始終ハラハラさせられました。

どんな苦境に追いやられても我慢強く耐えて、でも周りへの思いやりを忘れず、力強く生き延びる芈月。

本当に逞しくて励まされます。

後半は政治家として男の戦いに巻き込まれます。(戦いを引き起こすのももちろんあり笑)

男性と互角に戦っていて、格好良かった。

あの有名人物や有名観光地も関係してる!?

屈原

▼こちらの屈原さん。

芈月の故郷である楚国の皇帝 怀王(ドラマの中で体臭がきついっていう設定だったあの人)の信頼を得て、側近家臣になりました。

彼の姓も実は「芈」。

屈原

この屈原というお名前、どこかで聞いたことあると思ったら!

端午节(端午の節句)の発端となった人物ではないですか!!

楚国で優れた政治家だった屈原。

紀元前278年、白起率いる秦が楚に攻め入り、楚の都、郢を落としました。

これにショックを受けた屈原は、汨罗江に身投げします。

屈原

民に愛されていた屈原。

川に身投げした彼の体を探そうと人々が競って船に乗ったことから始まったドラゴンボート。

そして、川の魚が彼の死体を食べないようにと、川にご飯を投げ入れたことから始まった粽。

この時 相手国 秦の政治を司っていたのが芈月なのです。そして楚に攻め入った白起は芈月の弟分。

今まで遠い昔の知らない人のお話、と思っていた端午节が、一気に身近なものになりました。

兵马俑

ドラマの最後、81話で、芈月は、元夫である秦王を夢に見たことから死後を意識し出します。

そして「生きているうちは故郷である楚の国には帰れなかったけれど、死んだら行けるかしら?」と長い間連れ添った側近に問いかけます。

側近は遠いけれど、きっと行けるでしょうと。そして、太后が遠い楚の国に行くなら、太后をお守りする兵馬もないといけませんね、と言います。

この会話をきっかけに兵马俑を作り始めた、という設定になっています。

ドラマを見た後に調べて知ったのですが、秦の始皇帝のために作られたといわれている西安の兵马俑ですが、始皇帝の高祖母である芈月のために作られたのでは?という説もあるそうです。

どうやら説としては弱そうだけれど、もしそうだとしたらなんだか身近に感じるなぁと思った次第です。

中国に暮らして長くなってきたけれどまだ行ったことがない西安!いつか行けるといいなぁ。

芈月传を見る時に覚えておくと便利な中国語

芈月传を見ていて、今まで見た中国の時代劇には出てこなかったな〜と思った単語、まとめてみました。

時代が秦だから、言葉もさらに古いのかしら。

名詞編

  • 寡人 guǎ rén=大王(皇帝)の一人称。唐の時代のドラマは 朕 zhènでした。
  • 攸关 yōu guān=关键「大事なところ」

副詞編

  • 自然=当然
  • 定=一定 「きっと〜だろう」
  • 何苦=「なぜそんなことをなさるのですか?」の意味 例) 这是何苦呢?
  • 一般=一样 「同じ」
  • 应当=应该「して当たり前」「すべき」

動詞編

  • 赐 cì=请  例)赐坐「お座りください」
  • 容 róng=
  • 成全 chéng quán=「認める」「好きにさせる」
  • 周折 zhōu zhé=「困らせる」「手間がかかる」
  • 谬赞 miù zàn=过奖 何か褒められて謙遜する時に使う。
  • 寐 mèi=「寝る」
  • 歇息 xiē xī=休息
  • V不得= Vしなくてはいけない (この文法がけっこう多用されていました。)

形容詞編

  • 乏 fá=累 「疲れた」 例)我乏了、歇息一会儿吧。 
  • 济 jì=好 「良い」 例)不济
  • 妥 tuŏ=好  例)有何不妥?「何がいけないのですか?」

定型文編

  • 别来无恙=「お久しぶりです、お元気でしたか」

その他の時代の時代劇を見るなら覚えておくといい中国語はこちらの記事の後半に!▼

6月から始まった楚乔传を見ています。 中国ドラマは中国語のリスニングのために見ているので、今まで意識的に(台湾・香港ではなく)...
スポンサーリンク
336*280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村
▲その他北京情報満載のブログ▲

 

♡いつも読んでくださってありがとうございます٩(๑❛ᴗ❛๑)۶谢谢♡

 

スポンサーリンク
336*280