[中国ドラマ]ムーランの実写ドラマ《巾帼大将军》のあらすじは?ムーランは実在人物?見た感想

巾帼大将军 中国ドラマ

中国ドラマ、《巾帼大将军》を見ました。

7月から日本でも再放送されています。

このドラマ、ディズニー映画もあるムーラン(花木兰)のお話です。

ディズニーの「ムーラン」はまだ学生の時に見たことがあって「Reflection」という曲が大好きでした。

Christina Aguilera – Reflection

高校生の私はクリスティーナ・アギレラにはまっていって、ライブを見に行ったりしていました。

懐かしいー!青春ー!

Sponsored Link

《巾帼大将军》ドラマ情報

放送開始:2013年5月26日

英語タイトル:”Women’s general of the army”

話数:40集

主演:陈思成,袁弘,刘梓妍,潘虹,施京明

ちなみにタイトルの巾帼(jīn guó)は、婦人、女性という意味。
帼、巾帼が古代の高貴な女性が髪をおおった布(頭巾)のことなのでそこから女性という意味に派生したようです。
《巾帼大将军》は女性大将軍!という意味になります。
Sponsored Link

《巾帼大将军》のあらすじ

華家には、若蘭と玉荷という2人の娘がいた。

純粋で善良な姉・若蘭は父に代わって従軍し、美しく魅力的な妹・玉荷は踊り子として後宮に入る。

若蘭は父が朝廷の重大機密を担っていることを知らず、父の代わりに従軍しただけでなく、度重なる災禍までも背負うことに…。

やがて、軍営で第三皇子の楊俊、書生の趙宇と生死を共にするうちに、3人の感情は複雑に絡み合っていく。

一方、後宮に入った玉荷の野心は膨らみ、利用されていることもにも気づかずに権力闘争の渦に飲み込まれていく。こうして欲望と権力に溺れた玉荷は、ついに自我を喪失してしまい…。

引用:ASIA DRAMATICTV

Sponsored Link

ムーランは実在人物!史実は?

ムーラン(花木兰)についてはいろいろな説があるのだけど、様々な史書に名前が残っていて、実在していた人物のようです。

生まれは412年(406年という説もあり)、502年に享年90歳で亡くなりました。

当時からするとかなり長生き!!

(ドラマでは隋の時代でしたが、隋朝は581年〜618年または619年なのでずれてる!?)

父親は軍人の花弧(「朱文禄」だったという説もあり)。お姉さんの花木莲、弟の花雄、母親の5人家族だったという説が有力だそうです。

(ドラマではムーランがお姉さんで妹が一人いました。)

時代は北魏時代。

北方遊牧民族である柔然族が南下してきて領土を侵していました。

(ドラマでは柔冉族でした。)

北魏政権は、一家族につき一人男性を前線に送り込めという命令を出しましたが、ムーランの父親花弧は体が弱く病気がちで、弟はまだ幼かったため、ムーランが男性のふりをして戦地に赴きます。

(ドラマではお父さんが政権に呼ばれた理由は別にありました。)

彼女は戦地で素晴らしいで功績をあげたため、男だと嘘をついた罪(欺君之罪)を免れ、朝廷で官僚として登用したいと打診されますが、両親に親孝行したいと言って断り、故郷に帰ります。

ムーランの姓は?

ムーランの名字は、「朱」だったという説、「木兰」が名前ではなく名字だったのでは?という説、「魏」だったという説があったり、明代の徐渭在が書いた《四声猿》の中では「花」だった、という記載があったりで、正確な答えはわかっていません。

ムーランの故郷はどこ?

徐鹏が1962年に出版した第97期《中华活页文选》の中の《木兰诗》という文章の中で、”有人说她是谯郡人,有人说她是宋州人,有人说她是黄州人,有人说她是商丘人。”(ムーランは谯郡出身という人もいれば、宋州人、黄州人、商丘人だという人もいる)と記載しています。

2009年の日経ビジネスの遠藤誉さんの記事によると、最終的に商丘人だということになったそうです。本当のところは今もわからないけれど、決めてしまった、ということですね。

2007年5月22日、中国民間文芸家協会は遂に河南省商丘市にある虞(ぐ)城県を「中国木蘭の里」として、最終決定を下した。「木蘭祠」があることなどが証拠の一つとなったが、中国が厳然たる遺跡として「中国木蘭の里」に権威を与え、さらにその地に「中国木蘭文化研究所」まで建設したのは、何としても「中国固有の文化」を、あくまでも「中華民族のもの」として明確にする意図があったからだろう。

引用:日経ビジネス「中国における<花木蘭>(ムーラン)の再映画化に思う」

Sponsored Link

《巾帼大将军》を見た感想

えええそこそうなっちゃう!?というびっくり設定はありましたが(中国ドラマあるある)、全体的に楽しんで見られました。

ムーランは女性だということを隠して軍隊に入り、幼馴染で結婚する予定だった趙宇と、皇帝の三男杨俊と3人でバランス良く協力しながら困難を乗り越えていく様子はハラハラドキドキでした。

(よくあんな危ない敵地に何回も乗り込むな…)

贅沢を言ってしまえば、ムーランがピンチな時に助かったのは趙宇の知恵と、杨俊の剣の腕のおかげであって、結局男性2人に守ってもらってばっかやーん!と思ってしまったので、できればもう少し彼女に万能感がほしかったなぁ。

演技が素晴らしかったのは皇后役の潘虹さん。ちょっと怖い役だったのだけど、迫力があって思わず引き込まれました。

巾帼大将军 皇后

※画像引用:百度图片

そして、赵大傻こと赵宇。

赵宇

※画像引用:百度图片

ずっと見てると動きが…

C-3POにしか見えなかったヽ(=´▽`=)ノ笑

Sponsored Link

おまけ

ディズニーのムーランだと、愛馬の名前が可汗…紛らわしい。


それでは今日はこの辺で!

再见ヽ('∀`○)ノ♡

Comments