Sponsored Link

Bluetoothワイヤレスイヤフォン ZOLO Libertyを買ってみた感想。ランニングでも落ちない、防水、コード絡まない

ZOLO Liberty 一時帰国の買い物

飛行機や電車の中でドラマを見たり、音楽を聞いたりするのに使うイヤフォン。

今までマイク付きでコードありの普通のイヤフォンを使っていました。

が、ワイヤレスのイヤフォンを使ってる夫に、ワイヤレスめっちゃいいよーと勧められて

買ってもらっちゃいました♡

ブランドはZOLO。商品名はLiberty。

なんや初めて聞いたぞ…!!!

夫曰く、どうやら我が家がずっとiPhoneケーブルやらポータブル充電器やらで愛用しているAnkerの、オーディオブランドだそうです。

(Ankerは補償もきいて、マジで、本当に、超いいからおすすめ!)

ZOLO Libertyのメリット

じゃーん。ハローバディー!

ZOLO Liberty

ZOLO Liberty

中を開けてみますよ。

ZOLO Liberty

肝心な商品が電灯に反射しちゃってるあたり、写真センスのなさがうかがえますね、ああ恥ずかしい。

充電器がコンパクト

▼これが充電器。

ZOLO Liberty

けっこうコンパクト。手のひらサイズ。

これで24時間充電できるそうです。

▼開けてみます。

ZOLO Liberty

中にイヤフォンが。

1度の充電で3.5時間もつそうです。

イヤフォンには磁石がついているので、充電器に入れるとき磁石でスポっと入ります。

このピタッと感がちょっと快感だったりします(笑)

イヤフォンは防水!

ありがたいのはイヤフォンが防水なこと!

けっこうジムで走る時に使うことが多いので、汗かいたりしても気にしなくていいって、良い!

イヤーカバーのサイズも豊富

ZOLO Liberty

耳の穴が小さかったり大きかったりで、もともとのサイズに合わなかったら、変えられます。

換えは5通りも。

私はデフォルトのサイズで問題ありませんでした。

走っても落ちないです。

(あ、でも右はちょっと緩めかも…左右の耳の穴のサイズが違うものなのねー)

じょうぶな充電ケーブルつき

ZOLO Liberty

充電ケーブルもついています。

このケーブルはデジカメとか、マウスとか、Androidスマホの充電器と同じタイプ。

ZOLO Liberty

この黄色い充電ケーブル、じょうぶそうだからと、夫の出張用にとられてしまいました(笑)

補償は18ヶ月!

Ankerの好きなところは、補償がしっかりしていること。

巻き巻きして持ち運ぶがゆえにちぎれかけてすぐ使えなくなるスマホの充電ケーブルも、購入から1年以内だったら新しいものに変えてくれます。

何本新しいのをもらったか…!

(何本ダメにしてんねーん。)

ノイズキャンセリングがばっちり!

まず、耳にすっぽり入るので、ノイズキャンセリングがしっかりされます。

逆に外界の音が遮断されすぎて、外歩いてると後ろからチャリ来ても気づかないから危ないかも、ぐらい(笑)

あとは、自分の呼吸の音とか、お腹が鳴った音とか、時には脈とか、体内からしっかり聞こえるので、あぁ、自分生きてるんだなぁと変な実感がわきます(笑)

つまり言いたいことは、外界の雑音をシャットアウトして、音楽しっかり聞けるよ!ということ!

ZOLO Libertyのデメリット

他の方のレビューを読んでいて、動画を見ていると音と画面が1秒くらいずれる、と書いてありました。

言われてみればそんな感じもしなくないけれど、中国のドラマってそもそも吹き替えばっかりだから、音と画像違うことに慣れてしまっていて、そこまで違和感は感じなかったです(笑)

許容範囲内。

 

ということで、とってもお気に入りになりました。

購入はポイントのつくAmazon、楽天で

Libertyのお値段をチェック♡

Liberty+はプラス5,000円ほど。

充電器での充電が24時間ではなく48時間に。

そして私が気になっていた、周辺音の調整が可能。

スイッチ部分を3秒長押しするだけで、周辺音のオン / オフを調節することができるそう。

これなら外の音が聞こえなくて危ない!みたいなことがなくて良いです。

 

おすすめです♪

 

それでは今日はこの辺で!

再见!

Comments